平成30年 年末調整のお知らせ

 年末調整は給与の支払を受けている人が、その年の給料や賞与の支払の際に徴収された所得税額を、その年に納めなければならない所得税額を算出して、その過不足を精算する手続きです。  大部分の給与所得者は、この年末調整によりその年の納税が完了しますので確定申告をしなくてもよい大切な手続きです。

 所得税の改正により、平成30年分の年末調整では配偶者控除などに大きな改正があります。
 配偶者控除を受けるための大きな改正ポイントは、次の4通りになります。

1

配偶者控除のMAXである38万円を受けられる配偶者の年収(給与収入の場合)が150万円まで拡大されました(昨年まで103万円まで)

2

配偶者の年収だけでなく、夫の年収も配偶者控除の判定に必要になりました

3

配偶者控除や配偶者特別控除を受けられる人は、
合計所得1000万円以下(給与は年収1220円以下)、配偶者の合計所得は123万円以下(給与は年収201円以下)であること

4

年末調整の申告用紙が3枚(前年まで2枚)となり、扶養控除の申告書・保険料控除申告書・配偶者控除等申告書に分かれました。

収入と所得という言葉はわかりにくいのですが、給与支払を受けている方の場合は下記のようになっています。

給与所得

その年の給与収入金額

給与所得控除額(最低65万円)

*収入によって異なります

65歳以上の配偶者控除は下記の表を参考にしてください。

65歳以上の配偶者控除

また、平成30年度から控除配偶者の表記も3通りに分けられ、わかりにくいので取扱いについては下の表をご覧ください。

年末調整の控除配偶者

 その他にも平成30年度は細かな改正点があり注意が必要です。
 ご不明の点は当事務所にお問い合わせいただくか、国税庁のホームページをご覧になってください。

定休日のお知らせ

真下 和男の著書

電子申告(e-Tax)実施月報

ご契約までの流れ

お問い合わせ

提携企業等

真下公認会計士事務所
真下和男税理士事務所
〒355-0028
埼玉県東松山市箭弓町1-17-4
Tel0493-22-2813
Fax0493-22-2815