有限会社は特例有限会社に

有限会社は特例有限会社に
平成18年5月の会社法施行により有限会社は法律上「特例有限会社」となり、新たに設立することはできなくなりました。
しかし、通常は特例有限会社と名乗るのではなく、今迄と同様有限会社と名乗れます
また、有限会社を株主会社に変更することもできます。

会社法によって何が変わったのか

どこが変わったのと思っておられる方も多いと思います。
まずは、法務局で履歴事項全部証明書(謄本)を取得してみて下さい。
登記事項証明書の記載内容が大幅に変更になっています(右図参照)。それに伴い、会社の決議機関が社員総会ではなく株主総会となりました。

登記事項証明書でご確認下さい

当事務所では、全てのお客様に対して「株主・役員管理一覧表」を作成して打合せの際に提示し、毎年、お客様に異動状況を確認しています。
役員の任期のある株式会社と違い有限会社は役員の任期がない為、最新の謄本をとっていない会社が多いようです。 これまでにも、謄本を取得してみたら、取締役の住所や氏名変更の登記がされていなかったり、死亡した役員が未登記のままだったりという例がありました。 一度、謄本で役員や住所を確認すれば、翌年以降は異動の有無の確認だけでいいので、是非、謄本を取得し確認してみて下さい。

不明の場合は当事務所にご連絡下さい。適正に対処できるようアドバイスします。

定休日のお知らせ

真下 和男の著書

電子申告で便利に

ご契約までの流れ

お問い合わせ

提携企業等

真下公認会計士事務所
真下和男税理士事務所
〒355-0028
埼玉県東松山市箭弓町1-17-4
Tel0493-22-2813
Fax0493-22-2815