名義預金にご注意

更新日: 2018/10/19
思いこみは危険です
通帳とお金

 名義預金とは、亡くなられた方の原資で作ったその方自身以外の名義の預金のことです。
亡くなった方の名義ではないから相続財産ではないと相続人の方が考え、相続財産としての申し出がなくて申告漏れになりやすく、相続税ではこの名義預金が税務調査の重点になることが多いです。私共の会計事務所で相続税申告の御依頼を受けた時には、申告漏れのないように相続人の方々にはこの名義預金については前もって必ず説明させていただいています。また、相続が生じてからではなく、生前からの名義預金の対策が大事です。

 課税当局(税務署)は預金口座の名義が誰であるかの形式ではなく、その通帳が誰の資金でつくられ、誰がその預金口座を管理運用しているかの実体をみて相続財産にあたるかどうか判断します。

例1

祖母が孫名義の口座をつくり、孫への贈与として孫名義の口座に非課税枠の110万円以内を毎年振り込んで、祖母はこれを孫への贈与と思っていても、孫が無駄使いするのが心配でその通帳を孫には渡さず祖母がその口座の通帳や印鑑を持って管理していた場合は、贈与とみなされずに名義預金と判断されてしまうことがあります。

例2

長年専業主婦である妻がやりくりして生活費の残りを貯めて、亡くなった夫より多い何千万円もの預金を持っている場合には、専業主婦であった妻がそれほど高額な財産を得ることはできないはずで、妻名義の預金は夫の財産から形成された名義預金と見なされることがあります。

 例1や例2が何十年も前から作られてきた預金であっても、名義預金と判断されれば、時効はなく相続税の課税財産となります。名義預金であることを知っていて申告しなかったとみなされると重加算税が課されることもあります。

名義預金の判定のポイントは

  • 亡くなった方が作った他人名義の預金で
  • その預金は亡くなった方の資金で作られ
  • 亡くなった方がその預金を管理支配していた

名義預金と判定されないためには

  • 安易に自分の財産を他人名義にしない
  • 安易に他人の財産を自分名義にしない
  • 贈与契約書を作成し、申告をしておく
  • 受贈者が普段使っている口座に振込みで贈与する
  • 贈与後の財産や預金口座は受贈者が管理する

 亡くなられた方の原資で作られた他人名義の財産は、預金に限ったものではありません。株式や国債、その他財産も他人名義で作られることもあります。
 名義預金だけではなく、名義財産にも気をつけましょう。相続開始後にできる名義財産についての対策は限られてしまいますので、名義財産の存在に気づいたらできるだけ早めに適切な対処が肝心です。

定休日のお知らせ

真下 和男の著書

電子申告で便利に

ご契約までの流れ

お問い合わせ

提携企業等

真下公認会計士事務所
真下和男税理士事務所
〒355-0028
埼玉県東松山市箭弓町1-17-4
Tel0493-22-2813
Fax0493-22-2815