企業で採用が進んでいる自計化をご存知ですか?

企業で採用が進んでいる自計化をご存知ですか?

 自計化とは、自社の取引を記録・記帳して会計ソフト等を利用し、自社で財務諸表等を作成することを言います。以前は、記帳・財務諸表等の作成を会計事務所に丸投げする会社を非常に多く目にしましたが、近年では自計化を進める会社が規模の大小を問わず増えています。

自計化のメリット

  • 現状の業績を直ちに把握することができる数字から経営の問題点を見つけ出し、直ちに改善計画を立てることができます。
  • 今後の利益や納税額の予想がしやすくなるので節税対策を行いやすい
  • 銀行からの信用度が増し、資金調達やリスケジュールにも良い影響をもたらす

 自計化は早期決断・早期実行をもたらしますので、競争社会においては必携のツールと言えます。ところが、必須という認識がありながら、導入に後ろ向きになる経営者もいます。ツール不慣れによる人件費の増加への懸念です。しかし、心配はありません。

小規模事業者に適した半計化で、自計化による事務作業量増を回避

 上述のように自計化の最も大きなメリットは、会計ソフトの利用で即時に自社の経営状況を把握することができる点です。しかし、小規模な企業や個人事業者は、事務作業量増加が大きな足かせになりかねません。自計化しても作業量増は避けたいところです。
 そこで、クラウド型の会計ソフトを利用して「半計化」を取り入れます。半計化とは、発生日付・勘定科目・金額・適用欄の全てを入力するのではなく、判断が難しい勘定科目の入力を税理士に任せます。クラウド型なら会社で入力した会計データが即時に会計事務所側でも確認・入力できます。クラウド型は、半計化との相性がとても良いサービスです。

クラウド型会計ソフトとは
会計データをインターネット上のサーバに置き、いつでもどこでもサービスを利用できる形態の会計ソフトです。インターネット環境さえあれば、会社と会計事務所とのデータやり取りがリアルタイムで行えます。

 半計化で運用する中で、自計化に十分な簿記の知識が身につきます。よって、小規模な企業や個人事業者であっても事務作業量の負担増を抑えつつ、半計化から自計化へと段階を踏んで導入できます

自計化は更なる成長のためのツール

 会計ソフトによる自計化により、社内で経営状況がリアルタイムに把握できるようになります。リアルタイムの数値は会計事務所にも渡せますので、会計事務所から資金繰りや節税対策等について、より高度なアドバイスとより付加価値の高いサービスの提供を受けることができます。自計化は、更なる成長を見越して導入するシステムです。

自計化ソフト・クラウドソフトの導入支援、運用サポートを行っています。