解約払戻金のない第三分野保険の経理処理に注意

 所得税の確定申告の季節となりました。令和元年分確定申告書の受付は令和2年2月17日(月)から3月16日(月)までとなっています。
 所得税の確定申告は1月1日から12月31日までの1年間に生じた全ての所得の金額とそれに対する所得税額を計算して申告し、過不足を精算して所得税を納めたり還付を受けたりする手続きです。

確定申告をしなければならない人とは?

  • 個人事業者
  • 給与の収入金額が2,000万円を超える方
  • 給与を1ヶ所から受けていて、各種所得金額(給与所得・退職所得は含みません)の合計額が20万円を超える方
  • 給与を2ヶ所以上から受けていて、年末調整をしなかった給与の収入金額と各種所得金額(給与所得・退職所得は含みません)の合計額が20万円を超える方
  • 公的年金等に係る雑所得の金額から所得控除を差引くと残額がある方

等があげられます。

確定申告をした方がよい人とは?~確定申告すると、税金が戻ってくる?

次のような場合に還付申告をすることができます。

  • 年の途中で退職し年末調整を受けずに源泉徴収税額が納め過ぎとなっているとき ・・・短期間労働契約に伴い、年内に退職され再就職していない方なども含まれます
  • 一定の要件のマイホームの取得などをして、住宅ローンがあるとき ・・・取得初年度のみ確定申告で、翌年以降は年末調整で行います。
  • 多額の医療費を支出したとき ・・・一般的には支払医療費が10万円以上を目安とします。
  • 特定の寄付をしたとき
  • 配当所得があり配当控除を受けるとき
  • 災害や盗難などで資産に損害を受けたとき
  • 上記の他、株式等の譲渡損失を繰越す場合には毎年確定申告が必要です。

尚、還付申告はその年の翌年の1月1日より5年間提出することができます。

令和元年分確定申告でご留意いただきたい事項

  • スマホで申告書作成 これまでのパソコンを利用した申告書の作成に加え、スマートフォンで申告書作成ができます。
  • チャットボットが試験導入されます AI(人工知能)を活用したチャット形式のロボット会話プログラム(チャットボット)が試験的に導入されます。AIロボットが相手ですので、より気軽に、よりスピーディーに必要な税の情報にたどり着くことができます。
  • 副収入の申告漏れにご注意ください 具体例として
    • ・ネットオークションやフリーマーケットアプリなどを利用した個人取引による所得
    • ・ビットコインをはじめとする仮想通貨の売却等による所得
    • ・競馬等ギャンブルから生じた所得
  • マイナンバーの記載をお忘れなく マイナンバーの記載と、本人確認書類のご用意をお忘れなく
  • 誤りの多い項目にご注意ください
    • ・住宅ローン控除は計算間違いや、本来よりも多額の控除を受けるといった誤りが多くなっています。 ・・・
      誤り例1
      贈与税の非課税特例の適用を受けたにもかかわらず、その適用を受けた住宅取得資金の額を、住宅の取得価額から差し引いて住宅ローン控除額を計算しなかった。
      誤り例2
      居住していた住宅について、譲渡特例の適用を受けたにもかかわらず、住宅ローン控除を受けた。
    • ・ふるさと納税の申告漏れ ・・・ワンストップ特例を申請された方でも、「医療費控除などの確定申告を行う場合」や、「寄付先が5団体を超える場合」は全てのふるさと納税の申告が必要となりますのでご注意ください。
    • ・予定納税の記載漏れ ・・・税務署から送付された「予定納税額の通知書」を参照してください。
    • ・添付書類の提出漏れ ・・・住宅ローン控除を受ける場合の初年度の確定申告時には「売買契約書の写し」、「登記事項証明書」や「年末残高証明書」など。
  • 所得税の確定申告について、ご不明な点はご相談ください。